FC2ブログ

第一回富士山マラソン@河口湖・西湖

DVC00222.jpg
先日の11月25日の日曜日、お休みをとって第一回富士山マラソンに参加してきました。
これは以前河口湖マラソンの名前で実施されていたそうです。
勿論、フルマラソン42.195Km。

実はこの週の水曜日21日、無謀にも30Km走に挑戦。
(日吉を出発→
尻手黒川道路を縦断→
中原街道から武蔵中原方面を抜け→
等々力公園から多摩川を丸子橋へ→
丸子橋を渡って中原街道を北へ→
五反田から首都高速の下をくぐり→
山手通りを中目黒方向へ→
中目黒駅手前を左折、駒沢通りへ→
駒沢通りをずっと直進→
日体大前を左折、等々力駅方向へ→
等々力渓谷、環8を超えて多摩川→
多摩川沿いにまた丸子橋へ→
そのまま綱島街道で日吉へ到着。
これでだいだい3時間40分位でした。)
大会の直前に30Km以上の距離を走るのは本当に無謀でしたが、
結局これでなんとなく完走への手ごたえをつかみ、いざ、河口湖へ。
前日土曜日の夜に、予約をかなり前にいれておいた湖畔のコテージ(戸沢センター)へのりこみ、とりあえず一安心。
(あとで、当日朝来た人たちの話を聞いてこれが正しい判断であったことを知りました。)
早々に床につき、4時起床でレースに臨むことに。

起きてすぐに簡単な食事をとり、
(なんとなくの経験で、走る3時間前から食事をとらないようにする)
ストレッチ等して過ごすうちにあっという間に集合時間に。
個人参加なので戸沢センターからスタート地点までは結構な距離がありいいウォームアップかな?
なんて思っていたら結構寒くてそれどころではありませんでした。
とにかく、体を動かすことに集中!
最初雲が多かった陽気も晴れて富士山もはっきりと望めます。

DVC00224.jpg

8時15分のスタート時刻には間に合いましたが、
とにかく人が多くてなかなかスタートしても走りだせない。
最初はジョギングのように少しづつ、少しづつ、、
そうこうしているうちにやっとマラソンらしいスタートに。

最初の7Kmくらいまでは普通でしたが、まだ長丁場あるからと
少しペースを落として走ってみると、後でわかったことに
いつもよりも全然遅いタイム。
余力を残したのはいいのかもしれませんが、ほんとはこういう
レースくらい本気でいつもよりいいタイムを狙わないと
いけないのではないかも。。。

10Kmを超えたあとは、すこしづつ日が出始めて気温も上昇。
長袖のインナーが少し暑いくらいでした。
バテ始めたランナーもなんとなくちらほらと。
自分もすこしピッチが進まなくなってきました。

河口湖と西湖を結ぶ道路は大きく長い坂。ここで既に帰ってきた
先頭ランナーと顔を合わせます。
ペースが全然違う。
自分は膝やくるぶしの状態があまりよくないのでこんなペースは
とても無理。
坂は車で通ったときに思ったほど厳しくもなく、わりとそのまま
走っていけました。
上がりきったところで西湖の長い道のりが待っています。

だんだんと膝の痛みも増し、腰や足の根元にも溜った疲れがどっと
出て、西湖を廻ってきた時点で歩いてすぐ走って暫く進んでまた歩く、
の繰り返しです。
特に行きの長い坂は今度は下りで一気に膝への負担が増してきました。

帰りも半分足を引きずりながら走るようでした。
実は30Kmくらいまでは自分でもいいペースで走っていたのに、
後の12Kmがレースの時間のタイムの殆どを取られていた計算になり
後々本当にマラソンは30Kmから先の勝負だと思い知りました。
(最近のマラソンは電子タグで個々のラップタイムや通過時刻が
わかるのですね。15年前のホノルルマラソンでは思いもよりません
でしたが...。)

最後の1Kmのところで、嫁さんが自作の旗を持って応援してくれました。
やっぱりここにいたのか!

ゴールまで5時間33分。ほぼ、15年前のホノルルマラソンのときの
タイムと変わりませんでした。
歩いたりしたしな...とは思いましたが、以前のほうがもっと歩いた
記憶があるのが不思議です。
ゴールしてからなんとなく体力がまだありそう、なのはまだまだ本気を
出していなかった証拠ですかね?

帰りはとぼとぼと戸沢センターへ1時間近くかけて歩いてそこから車で
戻りましたが中央高速は大渋滞で帰りは夜。
電車で帰るのが一番だったようです。

しばらくはマラソンのレースは参加する気になれない(?)のですが、
今回の結果も踏まえ、日吉周辺のコース取りも少し工夫と距離を伸ばして
行きたいですね!

以上、久々のフルマラソン体験レポートでした。

日吉の不動産情報なら㈱横浜プラスへ

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

再度久々更新~日吉を走ってみる(1)

はたまた、久しぶりの更新です。

今年の夏は大変暑い日が続きました。
神奈川県は幸いにしてまだ水不足になってはいないようですが、とにかく、雨がなかなか
降りませんね。
たまに一降りあるだけでも、だいぶこの残暑は変わるのにな、と思う日が続きます。
(とはいえ、ゲリラ豪雨の後は管理物件の雨漏りが起こったかどうかでいつもヒヤヒヤする
のですが
八月、秦野の塔の岳という山へ登ったとき、あまりの暑さと、以前はなかった重い足取りに
愕然としたものでした。
勿論、山登りをしたときの達成感は格別のものがありましたが、それにも増して自分の運動
不足、なまくらぶりに大変ショックを受けました。
メタボはここからやってくるのだな、と晴れた山の頂上で、天を仰いで息をつかせながら
つくづくと思ったものです。

ということで、八月の後半、地元の不動産仲間の方の誘いも一つの誘因ではありましたが、
11月後半のマラソン大会(第一回富士山マラソン・・・富士山に登るマラソンではなく、河口湖
を廻るマラソンが今回リニューアルして名称が変わったそうです)に参加することにしました。

なぜ、突然?
そう、それまでにバテない体を造ること、そしてメタボ対策の一環として例えジョギング程度の
走りから始めたとしてもまず運動を始める事、その成果として大会に参加する(勿論完走が
目標)、これが最大の動機です。
かつて、10年以上前にホノルルマラソンにこれもまた衝動的に参加を決め、ハワイ旅行の
実益も兼ね(?)一応5時間ほどかけて42.195キロを完走したこともあります。
ただ、それからだいぶ幾年を重ね、体にも余分なものがいくつも付き...。
特にこの不動産業という仕事は結構外で出る機会が多いのですがたいていは車か電車、そう
歩くことましてや走る事などほとんどないといっていいかもしれません。
(通勤や帰宅で歩くことはあるかもしれませんが。)

なら、いつ走る?
そう、仕事を終えて、食事をする前に、自宅周辺からスタートして、特に会社からすぐ近くに
住む私の場合、地元日吉をコースにして距離を計測し、様々な道を走る事にしました。
本当は朝や昼がベストなのですが、今まだ残暑真っ盛り。
少し涼しく日差しの無い夜に走る事にしています。

私の今選んでいるコースは、地元日吉の特徴を生かした、アップダウンと平地を取り交ぜたコース。
日吉の駅前から、川崎市立井田病院の前を過ぎ、尻手黒川道路へ出て、そのまま東名高速
川崎インター方向へ向かい野川交差点から中原街道へ左へ曲がり、東山田の道中坂下から
市営地下鉄グリーンライン高田駅方向へ向かい、そのまま日吉本町駅のほうまでくると最後の
大きな坂、赤門坂を登り切る。
だいたい、ここまでの道筋で10キロ程度の道のりです。
これを続ければ、掛ける4倍でフルマラソンの準備ができるかな..という甘い考えかたです。
(そもそも、掛ける4倍を走れるのか?という事自体を本音では考えたくありませんが...。)

でも続けて走っていると、とてもシンプルに今悩んでいる事や考え事が、少し違った視点で
頭に浮かぶこともあり、体のリフレッシュと合わせて頭の体操にもなっているようです。
マラソンが人気なのは単に運動不足解消の一面だけではなく、こうした「一人でひたすら単調
に走る」ことで自分の体や心に相談することができることかもしれませんね。
なんとなく、飽きっぽい(このブログももはやそんな感じがばれてますが)自分の性にあって
いるスポーツかもしれません(山登りもですが)。

また経過や、新たなコース等、日吉を走ってみて発見があれば、ここに書いてみようと思います。


日吉の不動産情報はこちらをクリック

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

広角24㎜のカメラを買いました!!!

最近、広角24㎜のカメラを買いました!!
これがすごいんです!
何がすごいって見てみて下さい。この差を!

今までの古いカメラで撮影した写真
CIMG3902.jpg


広角24㎜のカメラで撮影した写真
CIMG0161.jpg


同じ位置で撮っているにも関わらず、これだけ広く写っています。


このカメラ不動産屋さんには大きな味方です。
室内写真を撮る時は、いつもなるべく広く写るように必死で壁にくっつきながら写真を撮っています。
それでも狭い部屋だとほんの一部しか写らなかったりで、室内の様子がうまく伝わらなく、
本当に写真を撮るにも一苦労します。

でも、このカメラであればそんなこともありません。
広角お勧めです!
って、不動産屋でなければそんな必要ないか・・・

今はほとんどの人がインターネットを活用してある程度物件を絞ってきます。
そうなると写真の撮り方一つで反響にも大きく影響が出てきてしまいます。

これからこのカメラを相棒に、よりお客様に部屋の様子を伝えられる写真を撮っていきたいと思います。

日吉の賃貸不動産なら(株)横浜プラスへ

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード